忍者ブログ
ペンと透明水彩で描いた自作の紹介やアート観賞のレビューなど。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回、原宿・表参道で女の子を描く その1の続きです。

午後になって気温も上がって来たので、カフェを出て、ラフォーレ辺りをウロウロしますが、動く人を捉えるのは難しい。クロッキー帳にラフに描くのがやっとです。時間もあまりないし、水彩紙に作品として描くのはあきらめ、写真とクロッキーで人物の素材を溜め込む作戦に切り替えました。

解散後、竹下通りを通って帰ると、原宿らしいかわいい女の子たちがいっぱい!そして、ピンクにハート型の看板のクレープ屋さん!まさに原宿!!と午前のカフェが地味だっただけに、テンションが上がりまくりです(笑)。その場で数人をクロッキーに描き、写真を取りました。

続きは自宅にて構成を練ります。魅かれる人物をクロッキー帳に描きながら、配置を考えていきます。水彩紙にペンを入れる時にはなるべく勢いをつけて線を描きました。

 

私が行っているペンスケッチは、現物を見て、現場で下描きなしで、直接ペンで描くことを基本としていますが、動く人物を主役にした場合は、私にはまだ現場で描き切る技量がありません。そこで、より一般的な、ラフスケッチや写真などの素材から組み立てる描き方をとります。この場合、写真に頼り切ってうまくまとめてしまうのではなく、現場で感じた雰囲気や思いを、いかに出せるかを大事にしているつもりです。

ウキウキした原宿の感じを出したくて、全体にピンク色の世界になるように彩色しました。でもピンク色ってなかなか難しいですね。変に主張してきたり、逆に少しでも重ね塗りを誤ると汚くなってしまったりして・・・。結局、背景までピンク色だと何が何だか分からないので、バックは少し落として夕暮れ時にしてみました。



講評会では、手前の主役の女の子をもっと強くしたほうがいいと言われましたので、線と色を強くしてみました。違い、分かりますか? 確かに、この子が手前にぐっと出たことで、奥行きが感じられるようになりました。



その他には、女の子の服装や持ち物、細かいしぐさなどがよく出ているということでした。ただし、手前の女の子は若干美化しすぎというご指摘。そう、少し漫画っぽくなりすぎましたね。



【お願い】コメントの際は、パスワードに「コメント」とご入力ください。(スパム対策です。)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49
プロフィール
HN:
Chinatsu
性別:
女性
自己紹介:
『永沢まことのとっておきスケッチ上達術』に感銘し、こんな風に楽しく描いてみたい!とペンを取りました。以来、仕事の合間を縫って絵を描く日々を送っています。

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
バーコード
tool
Admin / Write
忍者ブログ [PR]