忍者ブログ
ペンと透明水彩で描いた自作の紹介やアート観賞のレビューなど。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

個展でよく訊かれたことのひとつ。
「このカフェはどうやって知ったの?」

柴田元幸さんという翻訳家がいらっしゃいます。村上春樹さんの翻訳のアドバイザー(あるいは監修、ひらたく言えば先生)もされている東京大学文学部の教授です。彼のファンである友人に、昨年の秋、出版記念パーティに誘われて出かけて行きました。アンチ・ヘブリンガンという渋さが素敵な、おいしいカフェ。

anti.jpg

そこでテーブルが一緒だった女性と話がはずみ、「友人のカフェによかったら行ってみて」とショップカードをいただきました。その時、私は絵を描いているとはまったく伝えていなかったのですが、「ギャラリーもやっていて、絵や写真がかざってあることもありますよ」と。元々カフェは好きですが、ギャラリー併設と言われるとがぜん興味は高まります。

後日、調べてみると「東京タワー」の写真展が。ちょうど昨年秋に36景展で東京タワーの作品を出品した後だったので、どんな切り口で東京タワーを作品にしているんだろう?とさらに興味をひかれ、訪れました。それが「喫茶おとら」でした。

落ち着いた色調の古材を使った家具。白い壁。片側は一面ガラスで自然光も入る。静かなジャズが流れ、紅茶やケーキがおいしい。「個展をやるなら最初は小さなカフェがいいかも」となんとなく思っていた私には理想的な空間でした。次に訪れた時に、勇気を出して店主さんに申し出て、その次に作品をお見せし、展示の承諾を得ました。

そして、個展開催中。スケッチ仲間から、村上春樹さんのノルウェイの森に出てくるある登場人物は、師匠にヒントを得ているということを教えてもらいました。

まるでオムニバス映画のよう。
なにかが、だれかが、どこかで、つながっている。

そんなことを思い、不思議なような、温かいような、何かに感謝したいような気持ちになったのでした。
【お願い】コメントの際は、パスワードに「コメント」とご入力ください。(スパム対策です。)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [9]  [8]  [7]  [6
プロフィール
HN:
Chinatsu
性別:
女性
自己紹介:
『永沢まことのとっておきスケッチ上達術』に感銘し、こんな風に楽しく描いてみたい!とペンを取りました。以来、仕事の合間を縫って絵を描く日々を送っています。

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
バーコード
tool
Admin / Write
忍者ブログ [PR]